妊婦さんのためのサークル  ビバ!妊婦部!     

東京近郊にて、妊婦さんの集いの場を作っています。                                     ビバ!妊婦部! とは、妊婦さんのための部活動(サークル)です!                               運営メンバーは自然出産で有名な吉村医院に関係しています。

Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

代表(みずかわえりな)挨拶

ビバ!妊婦部!の立ち上げをした代表のえりなです。

神奈川県川崎市中原区(新丸子駅周辺)に住んでいます。

私は2010年8月に第一子男児を愛知県岡崎市にある吉村医院にて出産しました。

写真


この産院は、テレビなどにもとりあげられているので、
ご存知の方もいらっしゃるかもしれませんね(^ー^)


「あ〜、妊婦が薪割りしたり、壁ふきしたり、ごはん一緒につくるところでしょ?!」


とよく言われます。


この産院にたどりつくまでは、

自宅出産にしようか、
里帰り出産にしようか、
水中出産にしようか、
助産院での出産にしようかと

あれこれ悩み、さまざまな産院に足を運びました。

もちろん大学病院での検診も受けたこともあります。


最終的に、吉村医院に落ち着いたのは、
吉村先生の講演会を聞いたことがあったのと、
お友達がそちらの産院でお産をされて、私もお見舞いに行き、
そのついでに両親学級に参加したからです。


吉村先生のお話しは、わたしにとって、
目からウロコの内容で、

生まれてはじめて、女に生まれてきてよかった!と感じさせてくれるものでした。


お産の神秘さ

いのちのすばらしさ

母親の子に対する深い愛情




わたしはそれまでは、『お産は鼻からすいかの痛みなんだ』というお産に対する恐怖しかありませんでした。
その恐怖に打ち勝ったあとで、子どもを抱けるのだ。
だから私はがんばらねばならない。。。

でも、こわい。
はたして、わたしに乗り越えられるのだろうか。

生理痛だけでも、強烈な痛みで、何度も車いすや担架で運ばれたりしているのに、陣痛はその10倍とか聞いたことがある。

そんなの耐えられない〜〜〜〜〜

日に日におなかは大きくなってくるし、その時は近づいているのに。
どうしよう。
予定日近くまではかんがえないでおこう。

そんな気持ちでいました。


それが、吉村医院に通い出して、先生とのお話しや他の妊婦さんとの交流により、
徐々にですが、意識が変わってきました。

吉村先生が妊婦さんにいう合い言葉に

「ゴロゴロ、パクパク、ビクビクしない」

というのがあります。

■ 妊婦さんだからと言って、家でゴロゴロ寝てばっかりしない。
(お医者さんから安静にしておくようにと言われた方は安静にですが)
通常、妊娠は病気ではないので、日常生活を普通に暮らしてOK。

私は妊娠中、何かあってはダメだから、安静にしていようと外に出て行かず、ゴロゴロしていました。

吉村医院の両親学級に参加したときに、他の妊婦さんが

「吉村先生が普段通りの生活をしていいといったので、
妊娠7ヶ月のときに、大好きなジェットコースターをのったり、
インド旅行にいきました」

と聞いて、衝撃をうけました。

■好きなものをパクパク食べない

つわりの時期は、食べられるものを食べるようにと言われますが、
安定期にはいったら、粗食を心がけるように言われました。
粗食とは、ごはん、お味噌汁、ちょっとしたおかずの和食です。

洋食は、血液がどろどろして、むくみの原因になりますし、
産道に余計なお肉(脂肪)がついて難産傾向になります。
また出産後、母乳がつまって出にくくなります。
妊娠中から母乳にそなえて、からだを作るためにも和食がいいそうです。

■本や病院の情報にびくびくしない

病院は訴訟問題のリスクを避けるために、
何かすこしでもリスクを発見すると妊婦さんに伝えます。

わたしも妊娠初期に、前置胎盤の恐れがあると言われました。
前置胎盤の場合、流産の可能性があり、出産のときも帝王切開になります。
そんなことを聞いたら、どうしてもびくびくしてしまいます。

私の母に伝えると、母も前置胎盤と言われたことがあったので、
その時の経験を語ってもらい、安心しました。
「だんだん胎盤もあがってくるから、膣に胎盤がかからなくなるから大丈夫だよ」

病院ではこんなことは言われませんでした。
病院にもよるのでしょうが、大学病院などでは5分診療のところが多いので、
妊婦さんの心のケアも考えて接するのはむずかしいのかもしれません。



吉村医院には古屋という妊婦さんが集まってからだを動かす場所が産院の裏にあります。

そこで、薪割りや壁拭きをしたり、昼食を一緒にとります。
多いときは25人くらいいます。

初産の人、経産婦さんがいますので、

「はじめての妊娠、どんなかんじなんだろうね」と共感しあったり、

「前回はこんなかんじだったよ」

「私は前回は違う病院で、母子同室ではなかったから、
生まれた後に一緒にいられなくて、さびしかったの」

「私は前回は帝王切開でいろんな思いを感じたから
次の子は自然出産で産もうと決めてここにきたの」

などさまざまなお話しをしました。

ninpu-tachi@yoshimura-03.jpg


みんな、おなかの赤ちゃんのためにと必死で、
その姿はとても美しかったです。


私より予定日が早い人が産んでいき、
退院の日にしあわせそうに古屋に赤ちゃんを見せにきて、
しあわせなお産の話を聴くと、
私もうれしくなりましたし、私もお産が楽しみになりました!

19152287_1371159851_154large.jpg


出産して1年後に、古屋のお友達と再会しました。
妊娠中を振り返って、

「なんか部活動みたいで楽しかったね!夏だったから暑くて、汗流しながら、蚊にさされながら、
薪割りしたり、壁ふいたよね〜!それも良い思いでだね!」

妊娠中、同じ目的に向かった仲間だからこそ、
共感できて、励まし合えた!


この時に出会った仲間は一生涯付き合っていきたい人たちになりました!


赤ちゃんを産んだ後のママさんサークルはたくさんあるのに、
妊婦さん向けのサークルって地域にないよね。と思ったのがきっかけとなり、
この度、妊婦さんのためのサークルを立ち上げました。

少しでも妊婦さんのお役にたつことができたら、幸いです(^ー^)

すてきな妊婦生活を赤ちゃんと、そして、地域の同じ境遇の妊婦さんと過ごしてくださいね☆


ビバ!妊婦部!
代表 みずかわ えりな








スポンサーサイト

Comment

Comment_form

管理者のみ表示。 | 非公開コメント:投稿可能です。

左サイドMenu

映画「玄牝」上映会&講演会

2013/11/17(日)溝の口駅から徒歩5分 てくのかわさきにて行います!助成金事業なので、格安で見られますよ☆

詳細はこちらから
上映会のお申込方法 表面-2-1

プロフィール

ビバ!妊婦部!

Author:ビバ!妊婦部!
                東京近郊にて活動している妊婦さんのためのサークルです。
ビバ!妊婦部!の目的は、楽しく妊婦生活を送ってもらうこと!
そのために、妊婦さんが集い、語り、からだを一緒に動かしていきます。

運営メンバーは、自然出産で有名な吉村医院の助産師、そこで出産している人、吉村先生の本を読んで感銘を受けている人などです。

都心版古屋を作ることを目指して活動しています。

最新記事

右サイドメニュー

次回の集まりの日時

月に一度、妊婦さんと産後ママで集い、からだを動かし、お話しをしています。 次回は下記の日程です。

10月30日(水) 武蔵小杉

この世で一番美しいのは妊婦さん

006.jpg 013.jpg

検索フォーム

RSSリンクの表示

ブロとも一覧

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR

ベビーマッサージを習いたい方へ

絆バースカフェでは、赤ちゃんと参加できるクラスを開いています。ベビーマッサージ、骨盤リセットエクササイズクラスがあります。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。